インターカジノのロビー

海外地域のカジノ施設

海外旅行の楽しみといえば観光、食事、珍しい体験などさまざまですよね。そんな海外旅行の楽しみの1つとして人気が高いものの中にカジノがあります。カジノと聞くと聖地であるラスベガスを思い浮かべる方が多いかと思いますが、実はカジノは世界中のさまざまな国や地域に点在しています。

しかも同じカジノと言っても国や地域が違うと、その特徴も違ってくるため、これからカジノを目的に旅行しようと考えている方はその辺りも事前に考慮しておくのが大切です。そこで、今回は有名カジノの特徴について詳しくご紹介していきたいと思います。

ラスベガス

ラスベガスはカジノの聖地とも言われアメリカのネバタ州に位置しています。カジノ初心者の方の多くがラスベガスを選択するだけあって、カジノツアーも多数用意され、ホテル内にカジノが併設されているところも少なくありません。

ラスベガスに行く際、最も覚えておいて欲しい点は制限年齢です。ラスベガスの制限年齢は「21歳」ですから友達と訪れる場合などは、全員がちゃんと入場できる年齢に達しているか確認しておきましょう。

ラスベガスと言うと非常にセキュリティが厳しく手荷物などのチェックが行われるのでは?というイメージを持たれている方もいるかもしれませんが、実は手荷物検査はなく、服装等もよほど怪しいものでなければ入場を断られるようなことはありません。これは、ラスベガスに訪れる人の数が多すぎて一人ひとりをチェックするのが難しいためとも言われています。

また、世界のカジノを見てみると施設内でカジノゲーム以外にブランド品や貴金属の購入を促すような作りになっているところも多いのですが、ラスベガスはカジノ重視を全面に出しているため、純粋にカジノを楽しみたいという方にピッタリです。

その他、ラスベガスカジノの周辺ではボクシングを始めとしたスポーツイベントや最新技術の展示会などが毎日のように開催されているので、カジノだけでなくそうしたイベントに参加することもできます。

マカオ

ラスベガスと並び世界中のカジノ好きが訪れるのがマカオです。マカオは一口にカジノといっても30を超える施設が立ち並んでいることが大きな特徴で、同じマカオ内でもさまざまなカジノが楽しめます。観光客向けのカジノから地元の人が多いカジノまで雰囲気に差もありますので、事前に各カジノの評判等をチェックしておくと失敗せずに済むでしょう。

マカオのカジノは中国系の資本が運営母体のところが多く、客も香港人が多いことから香港ドルとマカオの通貨であるパタカの2つの通貨で利用できるようになっているのが一般的です。ただ、カジノのスタッフは大半が英語が通じますので、簡単な英語が話せるのであれば特に問題なく遊ぶことができるため安心して良いでしょう。加えて、施設によっては日本語に対応したスタッフが在籍しているところもあります。

ちなみにマカオのカジノもラスベガスのカジノと同様に一般的に手荷物検査等がなく、気軽に入退場できる作りになっています。

シンガポール

シンガポールのカジノは民間が自由に運営するのではなく、国内の施設数を2つに限定し、事業者も国が認定するなど秩序立った作りになっているのが大きな特徴です。さらにカジノを単なるゲーム・アミューズメント施設として見るのではなく、複合リゾート施設として扱っており、ホテルや観光地などカジノ以外にもさまざまな施設等が一体となっています。

これは近年、日本でもたびたび話題になっている「IR法案」いわゆる「カジノ法案」のモデルともなっているタイプのカジノで、将来的に日本でカジノが作られた際にはシンガポール式の構成になることが予想されます。

また、シンガポールのカジノはパズポートチェックが他国に比べ非常に厳しい点に注意が必要です。カジノに入場するまでに数回パスポートの提示が求められるためやや面倒ですね。また、カメラの持ち込みができない点も覚えておきましょう。

フィリピン

あまりカジノというイメージを持たれないフィリピンですが、実は国内のカジノ施設数はマカオを抜き市場規模も世界5位にまで拡大しているカジノ大国です。カジノが位置する地域だけでもマニラ・パサイ・パラニャーケ・アンヘレスクラーク・オロンガポスービック・ビナンゴナン・セブ島・ミンダナオ島・ネグロス島・マクタン島が挙げられます。

フィリピンのカジノで使用される通貨はペソおよびセンタボです。カジノやホテルで両替できるため、それほど心配する必要はありませんが、両替する場所によってレートに差があることも多いので、できるだけ好レートで両替できるところを探しておきましょう。

また、フィリピンのカジノは上記で紹介した国よりもセキュリティが厳しく、手荷物検査が厳密に行われます。

以上、世界で有名なカジノの地域をご紹介してきました。カジノと言うと危なそうなイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、海外旅行での遊びの1つとして捉える分にはとても面白くエキサイティングな体験ができる場ですので、ぜひ今後の旅行計画の参考にしてみてください。