カジノ初心者に贈る、基本的なカジノの遊び方

カジノで遊んでみたいけど、どうやって遊べばいいのかわからない。遊び方を知らないからカジノに入場するのが不安。そのような人はたくさんいます。

もしカジノがある国へ海外旅行に行くなら、せっかくの機会ですからカジノを体験して帰りたいですよね。

とはいえ、無知なまま入場しても何をすればいいのかわからないですし、言葉が通じるかもわかりませんよね。

この記事ではカジノで遊んだことがない初心者向けに、カジノに入場してから行う基本的なことをわかりやすく解説していきます。

国によって多少の違いはありますが、基本的なことは同じなので、この機会に覚えておきましょう。

カジノに入場できるのは何歳から?

カジノに入場できる年齢は国によって異なります。

・マカオ:21歳以上

・ラスベガス:入場するだけなら何歳でも可。プレイできるのは21歳以上

・韓国:19歳以上

・オーストラリア:18歳以上

となっています。

基本的にカジノの入場口で年齢チェックが行われ、年齢より若く見える人はパスポートの提示を求められます。

カジノで遊ぶ際の服装規定(ドレスコード)は?

ドレスコードは地域によって大きな違いがあります。

・ヨーロッパにあるカジノのドレスコード

ヨーロッパではフォーマルな服装が求められます。男性はジャケットにネクタイが必須です。ジャケットなどを借りることができるカジノもあります。

・オーストラリア、南太平洋にあるカジノのドレスコード

オーストラリアや南太平洋では気楽な服装でも大丈夫ですが、心配であれば少しお洒落をするくらいでOKです。

短パンやタンクトップなど部屋着レベルの服装は避けましょう。一般的なカジュアルスタイルであれば、問題なく入場できます。

・アメリカ、アジアにあるカジノのドレスコード

アメリカとアジアではラフな服装でもOKです。ヨーロッパのようにフォーマルな服装をしていく必要はありません。ただし、ラフ過ぎる服装は避けた方が無難です。常識的な範囲であれば問題ありません。

メンバーズカード(会員カード)の作成

現在、大半のカジノでメンバーズカードの入会を勧めています。作成も更新料も無料ですが、入会する意思がないのであれば断っても問題ありません。

ルーレットやカードゲームなどで遊ぶとポイントが溜まり、ポイント数によってレストランでの食事券や併設施設の割引券などが貰えます。

チップの購入・換金方法

カジノではドル、円など世界中のお金が使えます。現金をチップに両替する場所は、「CASHIER」という看板がある「カジノキャッシャー」です。

カジノキャッシャーの窓口で、チップやUSドルに両替できます。両替せずに現金をそのままテーブルに置くことも可能で、ゲームに勝った際にはディーラーから勝ち分のチップを貰えます。

ただし、ディーラーに現金を手渡しすることはできません。現金およびチップの受け渡しの際には、“一旦テーブルに置く”という決まりがあるので注意してください。

現金をチップに両替するのと同様に、チップを換金する場所もカジノキャッシャーです。カジノキャッシャーでチップを渡せば現金を受け取れます。その際、言葉を交わす必要はないので、言葉が通じないかもしれないという心配は無用です。

ゲームに勝ったりゲームを終了したりする際には、サービスを受けたお礼として、テーブルに少しばかりのチップ(心づけ)を置いていきましょう。大金を払う必要はありません。勝ち分の10~15%程度を置いていけば大丈夫です。

飲み物は無料?有料?

ほとんどのカジノではソフトドリンクは無料です。アルコールはVIPフロアー以外では有料になることが多いので、注文する前に確認しましょう。

カジノによりますが、ラスベガスやオーストラリアなどのように、飲み物を運んできてくれたカクテルウェイトレスにチップを渡すところもあります。

カジノ内での写真・ビデオ撮影は禁止

カジノは国や州からライセンスを受けて営業しています。カジノを運営するにあたって、さまざまな禁止事項があるので、それを行ってしまうとセキュリティに注意されたりプレイができなくなったりすることもあります。

どの国のカジノでも、プレイヤーのプライバシー保護のために、写真撮影やビデオ撮影は禁止されています。

記念撮影として撮ることも許されていません。場内での一切の撮影を禁止されています。カジノはギャンブルですから、カジノで遊んでいることを知られたくない人もいるからです。

場内で撮影するとセキュリティが飛んでくるので注意してください。

まとめ

カジノ内の非日常的な空間は、まるで別世界にいるような気分にさえなります。

カジノで遊んでみたいと思っている人は、一度はその雰囲気を味わってみることをおすすめします。

基本的なカジノの遊び方を知れば、あとは存分にプレイを楽しむことができるので、カジノがある地域に行った際には、おもいっきりカジノを満喫してくださいね。

オンラインカジノの適法性

オンラインカジノの運営は、ギャンブルが法律で認められている国のライセンスを得ており、ゲームサーバーもそれらの国で運営しているので違法性はありません。オンラインカジノと言うとマフィアや怪しい団体が法の目を潜り抜けて営業しているUGな世界を連想されがちですが、これは完全な偏見であって、実際のオンラインカジノ運営会社のほとんどは世界の名だたる上場企業であり、合法的な運営を行っています。

オンラインカジノの利用者側に関しては、プレイヤーの国の法律によるところが大きいですが、日本の刑法賭博罪に国外の処罰が無い為、現在のところは罰せられることはないと思われます。ただし、基本的には各自の自己責任です。