ジャックポットシティのカジノロビー

スポーツブックの魅力に迫る

スポーツ好きにはたまらないギャンブル、それがスポーツブックです。これはボクシングのタイトルマッチや、アメリカでは大人気のスーパーボウルの勝敗にお金を賭けます。

ラスベガスなんかでは大変人気のあるギャンブルなんです。たとえばウェストゲート(旧名ラスベガスヒルトン)や、『ハング・オーバー』でおなじみのシーザーズパレスでは、かなり見応えのある巨大スクリーンと、広々とした観戦スペースを設けています。スーパーボウルやボクシングのヘビー級王者決定戦なんかでは、そこにものすごい数の人たちが集まります。大金を賭けている人も、ほとんど賭けていない人も、大いに熱狂しています。ラスベガスに行ったら、スポーツ好きであれば一緒に熱狂するといいでしょう。

このスポーツブックは、カジノにあるギャンブルのなかで、一番とっつきやすいと言えます。なぜなら、スポーツ観戦しながら行うギャンブルで、ルールも簡単だからです。基本的にただ勝敗に賭けるだけなので、好きなスポーツがあればすぐできます。また「カードが苦手だ」という人には、そのシンプルさから、大変オススメとなっています。

ではそもそも、どんなスポーツが賭けの対象となるのかまとめてみましょう。ラスベガスのスポーツブックでは、当然アメリカで人気のスポーツが中心です。たとえばボクシング、野球、NBAバスケットボール、またアイスホッケー、ほかにもゴルフやテニス、カーレースなどです。テニスでは、錦織選手に賭けた日本人が大儲けしたというニュースがありました。日本では著名ですが、アメリカではそうではなかったため、そういう現象が起こったわけです。

様々なスポーツが賭けの対象となっているので、自分の知識でしっかり勝負できます。

ですので、日本人には難しいカジノのギャンブルのなかで、一番簡単かもしれません。ワールドカップのサッカーや、ワールドベースボールクラシックなどに賭けることもできますよ。サッカー好き、野球好きなら、一度は挑戦してみるのもいいでしょう。カジノでスポーツ観戦しながら、ギャンブルが楽しめるのですから。

また最近は、リオデジャネイロ・オリンピックや、東京オリンピックが何かと話題ですが、そのオリンピックに賭けることもできるんですよ。ただオリンピックを見ることも、当然面白いです。ですがラスベガスのカジノのスポーツブックで、お金を賭けて、たくさんの人々とスクリーンを見て楽しむのも面白いと思います。

またこのスポーツブックでは、実に様々な賭け方ができます。たとえばボクシングのタイトルマッチでは、「どちらが勝つか」という賭けもあれば、「KO勝ちか、それとも判定勝ちか」という賭けもあります。また、私たちになじみのある選手でいえば、「イチローが○○安打達成するか」とか、「イチローの年間ヒット数は○○本より多いか」なんていう賭けもあります。

ちなみに倍率は強いチームと弱いチームで当然違います。たとえば「サッカーワールドカップの優勝チームは?」という賭けに参加する場合に、ドイツやブラジルにかけても、賭け金が2倍や3倍になるだけです。ですがもしも日本に賭けた場合、日本がサッカーワールドカップで優勝する確率は、かなり低いですよね?そのため、日本にかけて日本が優勝すれば、賭け金は20倍以上になります。

ですので、日本が弱い競技でも、日本が大穴となっているので、結構楽しい気分で賭けられると言うわけです。

このスポーツブックの楽しみ方は、ただ勝つと思ったチームに、金を賭けるだけで、ルールも簡単です。さらに好きなスポーツであれば、それに熱狂しながらギャンブルができます。また、他のカジノのゲームだと、熱くなってついつい大金を賭けてしまう、なんてこともあります。ですが、このスポーツブックであれば、そういう心配もありませんし、我を忘れて大金をつぎ込んでしまう、という危険性もありません。そのためそういう不安がある人でも、安心して楽しめるギャンブルであると言えます。

また、このスポーツブックには、裏ワザや必勝法が存在しない点も良いところです。このギャンブルに勝つか負けるかは、アスリートに腕にかかっています。ですのでブラックジャックやポーカーの場合のように、熟練の技術を要しませんので、初心者でも気軽に参加し、場合によっては簡単に勝つことが出来ます。

ほとんどすべてと言っていいカジノで、このスポーツブックは行われています。ですのでラスベガスに行った際は、最寄りのカジノで、活躍している日本人選手に賭けてみるとよいでしょう。

また、もし時間が取れれば、実際に日本人選手が活躍する試合を、わくわくしながら観戦するのもよいでしょう。

また日本人には縁が薄いかもしれませんが、全米の各地で開催されている、競馬に賭けることもできます。場外馬券売り場としての役割も果たしている、ということです。さすがギャンブルの街、ラスベガス、という感じです。